TOP > 医療関係者の皆さまへ > 研修会・セミナー情報 > 産業医情報

産業医情報

産業医とは

働く人の健康確保のために、労働者や事業主に対して専門的な助言や指導を行うのが「産業医」です。常時50人以上の労働者が勤務する事業場(企業・団体など)では、産業医を必ず選任しなければなりません。

産業医の仕事

産業医の仕事は、以下の内容が中心となっており、職務は多面的かつ複雑化しています。

  • 健康診断、面接指導、健康測定等による労働者の健康状態の把握(健康管理)
  • 健康への影響や疲労などの側面から作業を捉え、作業条件を好ましい状態に保つ(作業環境管理)
  • 有害環境の改善と快適環境の実現(作業管理)
  • 労働安全体制を推進するための労働衛生教育
  • 労働衛生管理体制の構築、労働衛生関係諸規定の整備など、「健康管理」「作業環境管理」「作業管理」「労働衛生教育」の効果的な運営(総括管理)
  • 少なくとも毎月1回の作業場等巡視と、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときに労働者の健康障害を防止するための措置

産業医の要件

産業医は、医師であって労働者の健康管理等を行うために必要な医学に関する知識について、厚生労働省令で定める以下のいずれかの要件を備えた者でなければならないと定められています。

  1. 厚生労働大臣の指定する者(日本医師会、産業医科大学)が行う研修を修了した者
  2. 産業医の養成課程を設置している産業医科大学その他の大学で、厚生労働大臣が指定するものにおいて当該過程を修めて卒業し、その大学が行う実習を履修した者
  3. 労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験区分が保健衛生である者
  4. 大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師またはこれ らの経験者

「日医認定産業医」制度

日本医師会は、産業医の資質向上や地域保健活動の一環である産業医活動の推進を図るために、所定のカリキュラムに基づく産業医学基礎研修50単位以上を修了した医師、またはそれと同等以上の研修を修了したと認められる医師に申請に基づき日本医師会認定産業医の称号を付与し、認定証を交付します。日本医師会認定産業医は、産業医としての要件のひとつです。
また、この認定証は、有効期間5年間に産業医学生涯研修20単位以上を修了した医師について更新ができます。
なお、日本医師会認定産業医研修会は、長野県医師会でも開催しています。

フローチャート

(日本医師会 平成23年4月『認定産業医の手引き』より)

日医認定産業医のご案内
長野県医師会が主催する日医認定産業医研修会

産業医をお探しの方へ

長野県医師会では、産業医の紹介は行っておりません。産業医をお探しの際は事業所所在地の郡市医師会までご連絡、ご相談いただきますようお願いします。

郡市医師会一覧

産業医契約関係
産業医契約書(Word形式)
長野県産業医報酬基準会員ログイン
ストレスチェックに係る産業医契約書(Word形式)

本契約書はひな形ですので個々の契約内容によって変更していただくことも可能です。

本契約書は産業医が所属する郡市医師会を確認者とし、事業者、産業医との三者契約を想定したものです。
甲、乙、金額など空欄箇所がありますので契約者同士で確認の上、記入してください。