TOP > 医療関係者の皆さまへ > 医師資格証

医師資格証

医師資格証とは  医師資格証の利用方法  利用にあたって  医師資格証の利用申請について 

長野県医師会では、平成27年6月より地域受付審査局(LRA)を開設し、受付業務を開始いたしました。「医師資格証」の利用を希望される医師(非会員含む)は、所属郡市医師会・長野県医師会または日本医師会電子認証センターにお問い合わせください。

医師資格証とは

保健医療福祉分野のIT化を進める上で避けて通れないものがセキュリティの問題です。IT化を進めて便利になっても、情報の安全性が脅かされるようでは、IT化する意味がありません。

そのため、日本医師会では、安全で安心して使えるIT基盤を実現するための公開鍵基盤(PKI:Public Key Infrastructure)の枠組みを使った「日本医師会認証局」を運営しています。

日本医師会電子認証センターが発行する、医師資格を証明する電子的な証明書を格納したICカードが「医師資格証」です。「医師資格証」は顔写真付きなので、提示することで医師であることの証明にも利用できます。

医師資格証を持ちましょう(PDF)

医師資格証の利用方法

電子署名として

コンピュータで紹介状、診断書、主治医意見書など、医師の署名・捺印が必要な文書を作成する場合に電子的な印鑑の機能として利用します。
電子署名することで、紙に印刷して署名捺印する必要がなくなります。電子的な署名の効力は、電子署名および認証業務に関する法律(電子署名法)で保証されています。

認証(通行証)として

地域医療連携などでは、ネットワークを通じて医師本人の確認が必要になります。
特に、カルテや連携パス等の医療情報を閲覧する場合は、医師であることの確認が必要であり、その時に認証(通行証)を行います。

資格証として

券面に医師資格証と印字されており、顔写真も貼付されています。
医師であることの証明に利用できます。

今後の提供予定

●生涯教育制度の講習会の出欠を出欠管理システムを使って登録
●医師資格証で自分専用のホームページ(ポータルサイト)にログインすることで、受講履歴や単位の取得状況を自分で確認できる仕組み
●コンピューターに電子署名専用のソフトをインストールせず、クラウド上のシステムを使って電子署名をするサービス(無償提供予定)


利用にあたって

準備いただくもの

医師資格証を使うには、ICチップに格納された情報を読み取るためのICカードリーダーが必要です。また、電子署名を利用する場合は、ソフトウェアが必要です。
詳細は医師資格証を使うには(PDF)をご覧ください。

更新について

5年ごとに医師資格証の更新が必要となり、新しいICカードに切り替わります。

利用料について

【日本医師会会員】

初回発行時の手数料、年間利用料ともに0円です。

【日本医師会非会員】

初回発行手数料と1年目の利用料あわせて11,000円(税別)、2年目から5年目までの年間利用料として毎年6,000円(税別)の費用がかかります。

【共通】

5年ごとの更新時や、再発行時は発行手数料として5,000円(税別)の費用がかかります。


医師資格証の利用申請について

申請書類について 申請手順について(PDF)

(1)医師資格証発行申請書(原本提出)

発行申請書をダウンロードの上、記入例に沿って必要事項をご記入いただき、顔写真(パスポートサイズで無背景のもの)を貼り付けてください。
申請書最下部に署名欄があります。認証局運用規約をご一読の上、ご署名ください。
発行申請書ダウンロード(リンク)

(2)医師免許証のコピー

(3)身分証のコピー(下記のいずれか1点)

パスポート(有効期間内のもの)
運転免許証(有効期間内のもの)
住民基本台帳カード(写真付、有効期間内のもの)
官公庁発行身分証(写真付、張替防止措置済みのもの)
運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のもの)
マイナンバーカード

(4)住民票の写し(原本提出)

お住まいの地域の自治体等で取得してください。発行日から3か月以内のものに限ります。

(5)その他

提出(提示)いただくいずれかの書類に旧姓が記載されている方は、上記に加え、旧姓がわかる公的書類(戸籍謄(抄)本あるいは全部(個人)事項証明書)の原本もあわせてご提出ください。

上記(1)~(5)の書類をご準備いただき、日本医師会電子認証センターにご郵送ください。

〒113-0021東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス17階
日本医師会電子認証センター


申請から受け取りまで

【日本医師会会員の場合】
【日本医師会非会員の場合】

日本医師会電子認証センターに
申請書類一式を郵送

日本医師会電子認証センターに
申請書類一式を郵送

申請時に希望した所属医師会で
受け取り

発行手数料の払込票郵送

 

 

ゆうちょ・コンビニ払込票にて支払い

 

 

申請時に希望した所属医師会で
受け取り


対面受け取りについて

医師資格証が発行されると、「医師資格証発行完了通知書」が申請者に郵送されます。
申請時に希望した所属医師会に電話連絡のうえ、下記(1)~(3)の書類をお持ちいただき、医師資格証をお受け取りください。

(1)医師資格証発行完了通知書
(2)医師免許証原本提示
   または医師免許証のコピーに実印を押印したものと印鑑登録証明書を提出

(裏書がある場合は裏面コピーにも実印を押印して提出)

(3)身分証明書原本提示(下記のいずれか1点)

パスポート(有効期間内のもの)
運転免許証(有効期間内のもの)
住民基本台帳カード(写真付、有効期間内のもの)
官公庁発行身分証(写真付、張替防止措置済みのもの)
運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のもの)
マイナンバーカード

日本医師会電子認証センター